食について

食事を摂る時に気をつけることは

女性の多くは便秘で悩む方が居るそうです。
最近では男性でも見られるようになったそうです。
子供のころであれば体育や外で走り回ったりと体を動かす機会が多くありますので腸も活発に活動してお通じも良いです。
しかし社会人になると仕事でオフィスにこもりっきりだったり、専業主婦の方であれば近隣のスーパーに行くくらいで特に運動なんてすることもありません。
そうなると、やはり腸の動きも鈍ってきます。
運動が苦手な方は、食生活を心がける必要があるでしょう。
というのも、豚肉は疲労回復に良いとされるビタミンBが豊富に含まれていますので夏バテにも効果があるとされています。
では、お通じをよくする成分といえば、やはり食物繊維でしょう。
キャベツやひじき、さつまいも、人参などが挙げられます。
特に春はキャベツが甘く市販の浅漬けの素に漬けて置けば、しんなりしてたくさん食べることが出来ます。
さつまいもはペースト状にしてヨーグルトとたべると乳酸菌の効果もあり効果が一層得られることでしょう。

Copyright(c) 食 All Rights Reserved.